NETIS QS-990014-V

FORCA トウシート工法

炭素繊維シート・アラミド繊維シートによるコンクリート構造物の補修・補強工法

トウシート工法は、一方向配列の連続繊維シート『トウシート』を常温硬化エポキシ樹脂を用いてコンクリート表面に貼り付けるだけの、施工性に優れた補強工法です。
重量の増加を伴わずに高い補強効果を発揮するので、橋梁施工で今一番関心の高い橋脚耐震補強や、床版のB活荷重対応、トンネル・煙突・その他コンクリート構造物の補強や剥落防止、ひび割れ進行防止などにも素早く対応できます。

施工例

施工手順

種類と性能

関連商品

モルプロテックス

表面保護覆材 詳細>>

FCコート

仕上げ材 詳細>>