シールド発進・到達工法 NOMST

NOMSTは、新素材コンクリートを用いた新しい、シールド発進・到達工法です。
従来の工法では、シールドの発進・到達のために、防護工として地盤改良を行い、坑口の立坑土留め壁の人力による取り壊しが必要でした。
しかし、NOMSTではシールド機のカッタービットで切削できる新素材コンクリートを使用。薬液注入による地盤改良が不要もしくは削減でき、危険を伴う人力による坑口の取り壊しを行わずに、シールド機の発進・到達が可能になりました。
コンポジットカンパニーでは、NOMST工法用の材料・部材を設計、製造、販売しています。
また、コンポジット社では、芦森工業殿と共同で新たな発進・到達用土留め部材「SZ切削材」の開発も行っています。

NOMSTによる発進・到達 解説図

NOMST使用によるメリット

CFRPロッド、ストランドを用いた発進・到達開口部

CFRP格子筋ネフマックを用いた発進・到達開口部